ガーミン製品の特徴
 ガーミンGPS/魚探/レーダーはすべての機種で日本語表記です。(メニューの一部で英語表記があります)
 操作もわかりやすく画像もきれいで動作も早く好評です。


   

 GPS受信頻度
  GPS MAPは 10回/秒  ECHO MAP PLUS/STRIKER 5回/秒
  QuadSAT GARMIN用 次世代10Hz QZSS DGPS 9軸ジャイロヘディングセンサーを取り付けると
  従来は2軸コンパス情報であったので、船のロール・ピッチングで船首方位は常にふらついていました。
  9Axisユニット/3軸加速度・3軸ジャイロ・3軸コンパス情報を1秒間に10回取得し0.1秒ごとに修正
  することで船が揺れても傾いても常に船首方向をキープします。
   

 Quickdraw Contoursについて
  Quickdraw Contoursの機能を”ON”にするとボートが通過した範囲の海底の等深線を30cmごとに自動でGPS
  画面上に表示します。

   
   この様に深さによって表示色を変更することも可能です。 (画像はUS仕様です)

  振動子の種類や取付位置、船種などににもよりますが20ノットかそれ以上のスピードで記録する場合も
  あります。

 
 ガーミン魚探について
  GARMIN魚探は全てCHIRP発信です。
   CHIRP発信とは
    CHIRPはCompressed High-Intensity Radiated Pluse(広帯域連続波)の頭文字に由来します。
    軍事探査や水産資源計量探査でのみ使われてきた最高のソナーテクノロジーです。
  GARMIN PANOPTIX
    PANOPTIXとは
    魚探は通常、画面右側に最新の水深や魚影を表示し左に移動すればするほど古い情報になります。
    これに対してPANOPTIXは画面全体が常に”現在”が表示され、今の魚の動きそのものが分かる様になって
    います。  
  ガーミンPANOPTIXLIVEVÜ紹介ページはこちら
  https://explore.garmin.com/en-US/panoptix/

    

  CHIRPの優位性
   高解像度  目標認識解像度の向上によって1匹・1匹の小魚を見分けることができます。
   情報量 広帯域連続波はイカやタチウオといった弱い反射のターゲットも表示します。

    
    画面右側100m以深にイカの群れが映っています。左側画面には97m~110mまでのイカの
    群れをズームしています。イカやタチウオといった弱い反射にはカラーゲイン+4~+6にすると
    黄緑か水色で表示されます。

   分離分解能 高解像度で底から2.5cmしか浮いていない魚を探知。通常では探知できない海底
付近の不探知距離を限りなく0に近づけています。
   深度探査能力 ダウン/サイドビューで使用される800-260kHzの周波数は減衰が早く100m
を超える水深での探査は不可能とされていました。GARMINサイド/ダウンビュー
はCHIRP発信で水平450m深度300mの探査能力を獲得しています。
   マルチ周波数 CHIRP発信回路とCHIRP振動子を組み合わせた時だけできるマルチ周波数発信
HI-WIDE240-150/MID 160-80/LO 60-30kHzの中から任意の6周波を
選んで設定可能です。

   クリヤビュー/サイドビュー
    ボートの下にあるものをほぼ写真のようなイメージで表示します。
    クリヤビューはボートの直下を、サイドビューはボートの両側にあるものを詳細に表示します。漁礁・岩や
    水面下の物体などがはっきりと映ります。

    



 ガーミンレーダーについて
  ガーミンレーダーはGPS画面に表示することができ、GPS本体にアンテナを取り付けるだけでレーダーを使用
  できます。また、GPSの画面上にレーダーの画面をオーバーレイすることもできます。

  ガーミンレーダーの機能
   航空機監視・管制で培った技術は従来のマリンレーダーとは格段に進歩しています。
   
 
  海底地形図上にレーダーエコーを表示できます。
   他のボートが海底の地形のどの場所で釣りをしているのかが分かります。
   
 
   調整がいらないオートモード 感度/海面反射除去/雨雪反射除去/の調整をワンタッチで最適化するオートモードで簡単設定、簡単操作が可能です。
   エコートレイル 移動している船、鳥などが簡単に検出でき尾引きで表示するので移動の軌跡と方位が分かります。
   近距離探知性能 最小探査距離20mをきる分解能で混雑した海域などで複数のターゲットを明確に表示します。
   
  バードビュー
   
   バードビューは航空ナビゲーション部門を持つGARMIN社が航空機のバードストライクを避けるために開発
   された鳥発見アルゴリズムで鳥山を見つけられるようになりました。
   右下の赤の強いノイズがあるところが自船でその11時方向に鳥山が映っているのが分かります。
   ロックオンで船や鳥山10個の移動体を自動追尾します。


 
 ( C)2018 MSY MARINE SERVICE ALL RIGHTS RESERVED 
GARMIN製品の特徴